都内随一のラグジュアリーな空間でいただく春のアフタヌーンティー2種!

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ内にあるラウンジ『ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル 東京ベイ』では、3月1日より桜シーズン限定で、春のメニューのアフタヌーンティーが2種類提供されています。

今回は、エグゼクティブシェフパティシエ 徳永シェフによる、2種類のアフタヌーンティーと、そのほかの春の新作スイーツをいただきました。その魅力をたっぷりとお伝えいたします!

2種類の“桜と苺のアフタヌーンティー”

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

『ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル 東京ベイ』で只今提供中のアフタヌーンティーは、“桜と苺のアフタヌーンティー”。

近くでお花見をしたあとや、散策のあとにオススメの、春にぴったりのメニューです。

提供期間は3月1日から4月15日。時間は11:00~22:00(ラストオーダー20:00)。料金は、平日3,333円・土日祝3,833円(税・サービス料13%を加算)。

そして、こちらのアフタヌーンティーの最大の特徴は、2種類のスタイルで楽しめるということ。スタンドスタイルと“WA”お重スタイル、どちらかお好きな方を選べるのです!

ちなみに料金に変わりはなく、異なるのはメニューが少しだけとなっています。

アフタヌーンティーなのにファーストディッシュ付き!

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

『ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル 東京ベイ』でのアフタヌーンティーは、なんとファーストディッシュが付いてきます。ホテル内レストラン『ラ・プロヴァンス』の料理長:吉本さんの特製の“新玉葱のスープ 桜色に見立てたエキューム”です。

エキュームとは泡のこと。新玉葱のやさしい味わいの、程よい塩気を感じるスープの上には、キレイな桜色のエキュームがたっぷりと。とってもふわふわな口当たりに感激です。こちらのスープのおかげで、より食欲がわいてくることでしょう。

ちなみにこちらのスープは、スタンドスタイルと “WA”お重スタイルのどちらにも付いてきます。

スタンドスタイル

アフタヌーンティー

こちらが、一般的にアフタヌーンティーと聞くとイメージされるスタンドスタイル。3段のスタンドで提供されます。

上段はプティ・ガトー

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

上段には、可愛らしいプティ・ガトー。

スタンドが運ばれてきた瞬間、思わず「かわいい~!」と声をあげてしまう女性も多いのではないでしょうか。

プティ・ガトーは

・桜のエクレア
・桜餅
・苺のモンブラン
・桜マカロン
・桜のブランマンジェ

というラインナップ。

スタンドタイプのアフタヌーンティーには、プティ・ガトーが5種類も。なかなか贅沢ですよね!

どれも春を感じさせる桜色でとってもキュート。マカロンやエクレアには桜の花びらをモチーフにしたチョコレートも飾りつけされています。桜餅は桜の形をしており、これもまた徳永シェフのこだわりが詰まっています。

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

グラスに入った桜のブランマンジェは、スタンドスタイルのアフタヌーンティーにしかないメニュー。
これは、ラウンジのお隣にある『ザ・ショップ N.Y.ラウンジブティック』でも発売されています!

2層になった見た目も美しいブランマンジェは、甘さも程よくまろやかで、味わいもとても美しいものでした。お隣のブティックでお土産に買って帰りたいくらい!

他のプティ・ガトーもクオリティが高いものばかりで、特に桜のマカロンが私のお気に入り。口に入れた瞬間はサクッと、そして噛めば噛むほどしっとりとしてきて、桜が口いっぱいに広がります。是非味わってみてくださいね!

中段はアミューズ・ブッシュ

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

中段には、アミューズ・ブッシュが。いわゆるセイボリーです。

・信玄鶏のプティサラダ
・季節のタルトレット
・スモークサーモンのカナッペ

というラインナップ。

タルトレットは、小ささもさることながら味わいも繊細で、さすがと思うクオリティ。

もっと食べたい!と思わせる一品でした。こちらもしっかりと味わって食べていただきたい一品です。

下段は2種類のスコーン

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

プレーンと桜のスコーンです。別添えで、ジャムとクロテッドクリームも付いてきます。

スコーンは、ホテル特製のオリジナルスコーンということで、外はサクサク中はふわっとしっとり。どちらの食感も味わえるものでした。食べ過ぎるとお腹に溜まってしまうことが多いスコーンですが、こちらの大きさは、とても程良いものではないでしょうか。嬉しいサイズ感に、シェフの気遣いが感じられます。

“WA”お重スタイル

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

こちらがもう1種類のアフタヌーンティー。“WA”お重スタイルです。

“WA”お重スタイルは、先ほどご紹介したスタンドスタイルのものとメニューに大きな差はありませんが、1品だけ違いがあるのがポイントです。

プティ・ガトーは4種類

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

“WA”お重スタイルのプティ・ガトーは4種類。

・桜のエクレア
・桜餅
・苺のモンブラン
・桜マカロン

です。

先ほどご紹介した、スタンドスタイルにはあった“桜のブランマンジェ”が無いようなラインナップです。

アミューズ・ブッシュは4種類

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

アミューズ・ブッシュも4種類。

・信玄鶏のプティサラダ
・季節のタルトレット
・スモークサーモンのカナッペ
・カリフォルニア寿司ロール

です。

スタンドスタイルにはなかった“カリフォルニア寿司ロール”がラインナップに仲間入り。

寿司ロールがあることによって、一気にお重スタイルらしく和なメニューになりますよね!

スコーンは2種類

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

スタンドスタイルと変わらない、プレーンと桜のスコーンもお重に入っています。

クロテッドクリームやジャムも一緒に入っているので、お重スタイルの場合は、この3段のお重箱で完成です!

豊富なドリンクメニュー

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

こちらのアフタヌーンティーは、ドリンクメニューがかなり豊富です。
コーヒーや紅茶のほかに、ハーブティー、フレーバーティー、日本茶、中国茶、チョコレートなど、幅広い銘柄が用意されています。

ここまで種類が豊富なところって、なかなか珍しいですよね。

特に、チョコレートのドリンクがあることには感動です。チョコレート好きにはたまりません!
そのほかにも、別料金にはなりますが、桜フレーバー3種類の紅茶もありました。

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

もし桜フレーバー3種類の紅茶も選びたい場合は、平日は3,606円・土日祝は4,098円(税・サービス料13%を加算)というプランもあるので、そちらをご予約されることをオススメします。

スタンドとお重箱、どちらも魅力的な迷えるアフタヌーンティー

インターコンチネンタル東京ベイ,アフタヌーンティー

いかがでしたか?

2種類のアフタヌーンティー、お好きなスタイルが選べるなんてワクワクしちゃいますよね。

スタンドスタイルと“WA”お重スタイルの違いをまとめると、スタンドスタイルは、“WA”お重スタイルよりプティ・ガトーが1品多く、“WA”お重スタイルはスタンドスタイルよりアミューズ・ブッシュが1品多い、ということ。

どちらかというと、スイーツよりお食事の方が好きだなぁ・・という方は、“WA”お重スタイルがオススメです!

春のスイーツの記事はこちら

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

住所:東京都港区海岸1丁目16番2号
TEL:03-5404-7895
HP:ニューヨークラウンジ公式


500円分キャシュポ還元!!
TOP