ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの桜と苺の“WAお重スタイル”のアフタヌーンティー!

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー

竹芝・浜松町エリアにある「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」1階「ニューヨークラウンジ by インターコンチネンタル 東京ベイ」では、3月1日(金)より〝日本庭園枯山水〟をイメージした“WAお重スタイル”のアフタヌーンティーが開催中。

こちらのアフタヌーンティーは、桜の開花シーズン限定。お花見を連想させる、桜×苺のアフタヌーンティーです!

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの『桜と苺のアフタヌーンティー』

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
店舗:ニューヨークラウンジ by インターコンチネンタル 東京ベイ
期間:2019年3月1日(金)~4月26日(金)
時間:11:00~22:00(L.O.20:00)
料金:平日 3,550円/土日祝 4,050円
※別途税金+サービス料13%を加算

今回の『桜と苺のアフタヌーンティー』は、“WAお重スタイル”のみの提供。

通常3段スタイルのアフタヌーンティーも提供していますが、今回は3段スタンドはないのだそう。和の要素が詰まった“WAお重スタイル”にも注目です!

1人1プレートのセイボリー

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
<ファーストディッシュ>

・玉葱のポタージュ
<アミューズ・ブッシュ>
・筍とベーコンのキッシュ
・厚焼き玉子のサンドウィッチ
・春キャベツと菜の花のシーザーサラダ

ファーストディッシュとアミューズ・ブッシュは、合わせて4種類。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
ファーストディッシュの『玉葱のポタージュ』は、とっても濃厚で温かなポタージュ。

泡の部分は、ビーツで桜色に染められています。

泡の下のポタージュはとにかく濃厚!玉葱の甘みや旨みがギュッと凝縮され、心身共に温まる一品です。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
アミューズ・ブッシュの『筍とベーコンのキッシュ』は、筍とベーコンの味わいがなんとも春らしい一品。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
『厚焼き玉子のサンドウィッチ』は、厚みのある厚焼き玉子やキュウリが挟まれたサンドウィッチ。

これらのセイボリー類は、ホテル内のフレンチレストラン「ファインダイニング ラ・プロヴァンス」で作られているので、本格的な味わいです!

お重の中には“和の食材”を使ったスイーツ

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
<プティ・ガトー>

・抹茶マカロン
・桜のジュレとベリーコンポート
・柚子タルトと桜のメレンゲ
・求肥苺
・桜フロマージュ
<特製スコーン>
・さくらスコーン
・よもぎスコーン
・ホイップバター
・ゆずのコンフィチュール

スイーツは、プティ・ガトーと特製スコーンそれぞれが、2つのお重に入って提供されます。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
まず1つ目のお重に入っているプティ・ガトー。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
真ん中にある『桜フロマージュ』は、ホテル内ブティックで販売しているケーキのミニサイズVer。季節限定の人気メニューです。

優しい甘みのチーズケーキは、フリーズドライ苺が散らされたホワイトチョコレートで周りが囲われていて、トッピングには桜のシャンティと桜の花びらに見立てたチョコレート。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
桜の花びらに見立てたチョコレートは、エグゼクティブシェフパティシエ德永氏による職人技によって作り上げられたもの。

白とピンクのチョコレートを薄く延ばして重ねて削り…言葉では説明ができないような難しい技法で作られた美しい花びらです!

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
『抹茶のマカロン』は、抹茶尽くしの一品。

抹茶の生地に抹茶のガナッシュを挟んだマカロンに、抹茶のバタークリーム、大納言黒豆、金箔がのっています。

抹茶のバタークリームは、決して重たくなく、それでいて抹茶の風味が強い抹茶好きにはたまらない一品です。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
『柚子タルトと桜のメレンゲ』は、こちらもホテル内のブティックで販売しているケーキのサイズと形違い。個人的には、スイーツの中で一番のお気に入りの一品です。

タルト生地の中には柚子のクリームが入っていて、非常に酸味の強いさっぱりとした味わい。

タルトのトップには、桜のシャンティ、桜のメレンゲが飾られ、全体に甘みが加えられます。柚子の酸味が程よく中和され、春らしさをたっぷりと感じる一品です!

スコーンは様々な食べ方で♪

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
続いて、2つ目のお重に入った特製スコーン。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
『さくらスコーン』と『よもぎスコーン』の2種類。

どちらも風味が非常に強く、しっかりとさくらとよもぎを味わうことができます。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
同じお重に入ったこちらは、苔玉をイメージした『ホイップバター』と周りはカカオニブ。スコーンにつけていただきます。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
もう一つ、同じお重に入ったこちらは、『柚子のコンフィチュール』。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
最中に入れられているので、このまま食べても、中のコンフィチュールをスコーンにつけて食べてもOKです。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
所々にちりばめられて緑の葉は、ナスタチウム(金蓮花)。

ハスをイメージし、庭園らしさを表現しています。こちらももちろん食べられるので、よかったら食べてみてください!

桜の開花シーズン限定アフタヌーンティーは全体の雰囲気を楽しんで!

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのアフタヌーンティー
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの、桜の開花シーズン限定アフタヌーンティー。

德永氏いわく、桜だけにとらわれず、苺や抹茶、柚子などの“和”を取り入れているので、アフタヌーンティー全体の雰囲気を楽しんでいただきたいとのこと!

ホテルの近隣には、旧芝離宮恩賜庭園や浜離宮恩賜庭園などがあるので、是非お花見帰りにアフタヌーンティーを楽しんでみてはいかがでしょう!

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

ニューヨークラウンジ by インターコンチネンタル 東京ベイ
住所:東京都港区海岸1丁目16番2号
TEL:03-5404-7895
公式HP


500円分キャシュポ還元!!
TOP