洋菓子の激戦区で名店の魂を引き継ぐ「Pattisserie reinette(パティスリーレネット)」/東京・仙川

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

251ビュー


仙川エリアはスイーツの激戦区ともいわれ、美味しくて評判の高いパティスリーが数多くあります。そのなかでも、何度でも訪れたくなる温かみがある「Pattisserie reinette(パティスリーレネット)」。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

コンクリート打ちっぱなしの外観で、大きなガラス張りからいっぱい降り注ぐ日差し。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

太陽の日差しを受けて、ショーケースの中にあるスイーツはさらに輝きが増したよう!洗練された見た目や華やかさで圧倒するというものではなく、どこかホッとするような感覚になるスイーツが並んでいます。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

店名の「レネット」は、リンゴの品種の名称。
フルーツの持つ力に心打たれ、身近なフルーツの代表ともいえるリンゴから命名しました。「老若男女誰からも愛されて、親しみを持たれるように」という想いが込められています。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

ロゴをよくよく見ると、真ん丸ではなくて少し細長いリンゴのような形。可愛らしいですよね!

フランス菓子の名店「サロン・ドゥ・シェフ・タケエ」との運命的な出会い

様々なジャンルの現場で経験を積んだ、オーナーの坂本 有紀シェフ。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「エーデルワイス」からキャリアをスタートして洋菓子を学び、「ホテル西洋銀座」、レストランの「六本木ヒルズクラブ」、東京都多摩市のパティスリー「ル・ジャルダン・ブルー」でスーシェフを務め、イタリアンレストラン「キャンティ」で修行。2016年1月に「パティスリーレネット」をオープンさせました。
同所はフランス菓子の名店「サロン・ドゥ・シェフ・タケエ」の跡。坂本シェフの奥様が「タケエ」の開業時から販売員として働いていたことをきっかけに、15年続いた歴史に幕を閉じようとしていた「タケエ」の武江シェフと、開業を目指していた坂本シェフを繋ぎ合わせて、店を引き継ぐ形で譲り受けたのだとか。

「武江シェフのお菓子はこのようにご縁をいただく前から何回か食べていて、ガトーショコラやフィナンシェはとても好きだったんです。だから夢のようでもありました」
と話す坂本シェフ。

常連客をうならせる!今もなお販売される「サロン・ドゥ・シェフ・タケエ」のケーキ

武江シェフから一部商品のレシピを受け継ぎ、当時と変わらず日々作り続けている商品も見所のひとつです。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
黄色のストライプ模様が可愛いらしい「ラクテ シトロン」(税抜き価格 430円)。ミルクチョコレートにレモンムースの爽やかな甘みが淡く残る味わいです。
「パーツそれぞれが組合わさった時のバランスが最高です。それは、武江シェフの築き上げてきた経験によって作り出された賜物だと思います」
と、坂本シェフ自身も大絶賛。
オープンから2年経って、お客様の反応も見ながら商品を絞っていき、最終的に残った商品は「ラクテ・シトロン」「クラシックショコラ」「シシリー」の3品。訪れたら是非チェックしていただきたい!
長年続く老舗パティスリーはありますが、このように名店が輝きを保ったまま受け継がれる奇跡はそうそうありません。

「パティスリーレネット」のこれは食べたい!おすすめ6選

師のDNAを受け継ぎながらも、パティシエとしての豊富な経験を取り入れたスイーツの数々を紹介します。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「こだわりプリン」280円(税抜)

『素材本来の味わいをストレートに』をコンセプトに、生クリームや香料は使わず、牛乳・卵・砂糖のみのシンプルなプリンです。
鮮度にこだわって、有機生乳100%の牛乳と新鮮で濃厚な若鶏卵を使用。さらに、本和香糖(ほんわかとう)という、沖縄産さとうきびから作られた砂糖を使っているのが「レネット」のプリンの特徴。優しい味わいで、名前の通りほんわかと甘みが伝わってきます。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「紅ほっぺのミルフィーユ」450円(税抜)

繊細なパイ生地と苺の断面に一目惚れ!しっかり焼き込んだ香ばしい3層のパイ生地で生クリーム、カスタードクリーム、静岡産紅ほっぺをサンド。苺は冬季限定で、秋には栗を使ったミルフィーユになります。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「レネットロール(いちご)」1,200円(税抜)

坂本シェフが最も思い入れがある商品で、最高のロールケーキを求めて改良を繰り返すこと10年以上。やっと理想像に近づいてきたのだとか。
「また食べたいと思ってくれるようなバランスになるように仕上げています。毎日食べたい!と思われるくらいが理想ですかね」という生地は、適度な弾力があって軽やか!
口の中で生クリームと柔らかに無くなっていくさまは幸せそのもの。
11月〜4月は苺、5月以降は季節のフルーツを彩り良く飾り、秋は栗になります。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「ドゥーショコラ」440円(税抜)

チョコレートの生地とガナッシュを8層にも丁寧に重ねることで、口の中で一体になった時の味わいを贅沢に。シンプルでモダンなデザインが上質感を物語っています。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「ティラミス」440円(税抜)

北海道釧路地区産の生乳を使ったマスカルポーネのムース、コーヒーシロップを染み込ませたスポンジがなめらかに絡み合う至福。シックなモチーフのチョコレートに金箔が飾られて、見た目も贅沢に!カップ入りだからスプーンですくってパフェ感覚で食べられます。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「メチエ」450円(税抜)

ミルクチョコレートとビターチョコレートのムースを2層にして、チョコレートスポンジとチョコレートクッキーを重ねた、チョコレート好きにはたまらない2018年冬季の新作。中に忍ばせたラズベリージャムも相まって、ビターな濃厚感に華やかな酸味が広がります。

大切な記念日に選びたい!ホールケーキ3選

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「クラシックショコラ」2,300円(税抜)

「サロン・ドゥ・シェフ・タケエ」の武江シェフから受け継いだ必食のガトーショコラ。
「2種類のチョコレートのブレンド割合や、ココアパウダーで軽さを出しているノウハウなど、レシピを見直すと武江シェフの偉大さを感じます!」と坂本シェフがうなるほど。
小麦粉の分量を少なくしているため、ビターチョコレートのコクと深みをしっかりと味わえます。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「国産いちごのショートケーキ5号」3,000円(税抜)

坂本シェフが追究したのは、ずばりスポンジ。
「食べた時に苺の甘みと香りが損なわれないよう、材料選びの段階からこだわって小麦粉を選んでスポンジ作りをしています」
苺、生クリーム、スポンジ生地。それぞれが主張しすぎず、バランスを保って調和しているベストバランス!スポンジとなめらかな生クリームが合わさると、ふわっと口どけていくような幸福感です。
「何回も食べたくなる飽きない味わいです。記念日に是非選んでほしい!」と、坂本シェフが胸を張る自信作です。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
カットタイプ(税抜き価格 400円)もあります。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「タルトフリュイ4号」2,300円(税抜)

キラキラ輝くフルーツはまるで宝石のよう!
苺は国産のものを使い、果汁たっぷりのミカン「紅まどんな」などフルーツがいっぱい。
フレッシュでフルーティ!大切な人の記念日に喜ぶ顔が目に浮かびます。

こだわりは鮮度と旬。フルーツを使ったケーキは見逃せない!

坂本シェフがスイーツ作りにおいてこだわるのは鮮度と旬。
フルーツの仕入れはできるだけ国産のものを選び、最近は近隣の調布市内からも取り入れるよう努力し始めたそうです。「いずれ調布市内で材料を全て揃えられたらいいなと思っています」と、仰るほど!
鮮度はもちろん、その地域で収穫されたものを使うことで地域に溶け込みたいという想いも込められています。

手土産にしたい!人気の焼き菓子3選

焼き菓子においても風味と食感の鮮度を大切にしたいから、作り置きはしないスタイル。
手土産にもおすすめしたい焼き菓子3品を紹介します。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「ガレットバニーユ」150円(税抜)
表面はざっくり、中はしっとり。ホロホロ崩れると、バターの芳醇さとバニラの香りが塩によって引き立てられて、小さな1個とは思えない満足感

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「ケークフリュイ」250円(税抜)
断面から見えるのは、レーズン・プルーン・オレンジ・メロン・イチジクなどのフルーツ。
レーズンはラム酒、イチジクはコニャック…というようにそれぞれの個性を引き立てるための洋酒を選んで漬け込み、仕上げにブランデーを染み込ませています。
口に含むとフッと香りが鼻から抜けていき、噛み締めるとフルーツの甘みが増していく贅沢な味わいです。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ
「ショコラマカダミア」320円(税抜)
大粒のマカダミアナッツの存在感といったら!
ホワイトチョコ入りのブラウニーにフォークを入れると、中にはチョコチップ入り。
ザクザクと豪快な食感にチョコレートのスイートな甘みが、ケーキに匹敵する満足感です。
「ル・ジャルダン・ブルー」の福田シェフから修業時代に受け継いだもので、「パティスリー レネット」でも看板商品のひとつになっています。

仙川, Pattisserie reinette, パティスリーレネット,スイーツ, サロン・ドゥ・シェフ・タケエ

シェフからシェフへバトンを受け継ぎ、「タケエ」時代の常連客の期待を裏切らない。かといって型にとらわれず、自身のスタイルを追究し続ける。
これからますます仙川エリアで愛されるパティスリーになること間違いなしです!

「Pattisserie reinette(パティスリーレネット)」

住所:東京都調布市仙川町1-24-1 仙川アベニュー
アクセス:仙川駅 南口から徒歩約5分
電話番号:03-6321-9693
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日、第三木曜日
「Pattisserie reinette(パティスリーレネット)」の詳細はこちら


500円off