銀行跡地に「CHOCOLATE BANK」グランドオープン!アレンジに富んだチョコレートメニューをピックアップ

CHOCOLATE BANK,鎌倉,チョコレート,クロワッサン

神奈川県鎌倉市にあるアロマ生チョコレート専門店の「ca ca o」は2015年にオープンしてから地元はもちろん、観光客などに親しまれてきました。鎌倉本店以外にもルミネ新宿店や大船ルミネウィング店を展開するジャーニーカンパニーは、1月28日に旧東日本銀行支店跡地の建物をリノベーションして完成した新たなチョコレート専門店「CHOCOLATE BANK」をグランドオープンします。

首都圏各地に大雪が降りしきる中、一足お先に新しくて魅惑的なチョコレートの世界を体験してきました。

定番人気のアロマ生チョコレート「小町通りの石畳」や「フォンダンタルト」「エクレア」などを発売してきた同社が、“チョコレートと魔法の世界”をコンセプトに、新たにチョコレート屋さんが作るクロワッサンシリーズ全7種類と、4種類のチョコレートドリンクなどを展開します。

社長もオススメする「クロワッサンチョコバナナ」(価格:600円 税抜)

順次チョコレートフレーバーを変えていくという新作メニューの「クロワッサン」シリーズ。穴をあけたクロワッサンの中央の部分に「ビター」「フランボワーズ」「抹茶」「バースディ」のクリームがたっぷり入った4種類の「チョコルネ」です。

社長自らのイチオシは、サクサクとしたクロワッサンにキャラメリゼしたバナナとチョコクリームを挟んで、カリカリのアーモンドをゴロゴロと入れた「クロワッサンチョコバナナ」。たっぷり入ったチョコクリームとバナナとアーモンドの風味が一度に楽しめる贅沢な一品です。

鎌倉野菜のオープンサンドなどのカフェメニューも充実

鎌倉といえば地元で採れた新鮮な野菜を思い出す人も多いのではないでしょうか?

「鎌倉野菜のオープンサンド」(価格:700円 税抜)は、トマトやアボカドをたっぷりとのせたヘルシーなメニュー。自家製のたまねぎドレッシングがアクセントになって食欲をそそります。

ルイス・バラガンの建築をイメージしてデザインした店内はまるで美術館のよう

明るい色の壁面が特徴的なメキシコの建築家であるルイス・バラガンからインスピレーションを受けてデザインした商品棚。明るい店内に日光が差し込む時間帯には、時間とともに奥に差し込むピンクの壁が広がっていく空間を楽しむことができます。

お店の中央にチョコレート色のゴリラが出現し、訪れるお客様を「ウッス!」と元気に歓迎してくれます。

金庫だった場所もチョコレート関連の書籍やカカオをディスプレイしてオシャレにアレンジしました。(一般への開放は未定)。

3月以降には夜限定の「CACAO BAR」を演出する試みも。チョコレートを使ったフードメニューのほか、お酒とチョコレートのマリアージュも企画しているんだとか。

まずは、1月28日にオープンする「CHOCOLATE BANK」で、相性が抜群なホットチョコラテとクロワッサンチョコバナナのセットとともに素敵な時間を満喫してみてはいかがですか。

CHOCOLATE BANK

住所:〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町11−8(東日本銀行鎌倉支店跡地)
営業時間:10:00〜18:00(毎週月曜 定休日)
電話番号:0467-50-0172
アクセス:JR 鎌倉駅東口より徒歩約 1 分
公式HP


500円off